2012年11月26日

クリエイター




            
テナー・サックス奏者の、『ウェイン・ショーター』は、


詩的で、神秘的な世界を展開する、


名クリエイターと、言われています。



1960年代ジャズは、3つの流れがあり、


既成の、音楽様式にとらわれず、


自由に魂を、解放しようとする『フリー・ジャズ』


ソウル音楽や、ロックの要素を、


採り入れた、『ジャズ・ロック』


そして、モード手法を基調に、


伝統的なジャズと、革新的なジャズとの、


中間を行こうとする、『新主流派』があり、


その核となったのが、『ウェイン・ショーター』でした。





同じカテゴリー(趣味)の記事画像
クァルテット
教育者
ソウル・テナー
ブルー・ボッサ
トロンボーン
THE 3 SOUNDS
同じカテゴリー(趣味)の記事
 クァルテット (2014-05-01 00:15)
 教育者 (2014-04-30 22:57)
 ソウル・テナー (2014-03-01 00:36)
 ブルー・ボッサ (2014-02-28 23:18)
 トロンボーン (2014-01-26 23:40)
 THE 3 SOUNDS (2013-12-23 23:41)

Posted by たーさん  at 02:12 │Comments(0)趣味

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。