2013年09月16日

ジャズの帝王





MILES・DAVIS(マイルス・デイヴィス)は、


1940年代末に登場して、様々なスタイルを、


創造した革新的な音楽家であり、


同時にジャズ界最大のカリスマでもあります。



40年代半ば、それまでダンス音楽として、


流行していたスウィングに変わり、


即興演奏に比重を置いたジャズが生まれました。


これがモダン・ジャズの源流とされるビ・バップです。



以降、繊細で抑制された演奏が特徴のクール・ジャズ、


和音進行に替わり、ミュージック・モードを導入することで、


従来よりも自由な即興演奏が可能になったモード・ジャズ、


ロックやファンクの影響のもと、16ビートを取り入れたフュージョン等と、


これらのスタイルの大半を創造したのが、マイルス・デイヴィスであり、


彼の足跡は、そのままジャズの歴史そのものと言えるでしよう。












  


Posted by たーさん  at 15:33Comments(0)趣味