2010年03月22日

アレンジャー




『クインシー・ジョーンズ』の、アレンジは、


ソロプレイヤーを、浮き立たせながら、


アンサンブルの響きを、華麗にあやつります。



当初、ジャズ・アレンジは、


ジャズと西洋音楽の出会いがもたらした、


一つの成果でした。


アレンジャーは、ジャズを、


楽しい音楽として人々に橋渡して、


ジャズの美を更に高めることに貢献してきました。



そして、アレンジは今や、


ジャズ自身を超えていこうとしています。


今日、クインシーの才能が、


ジャズにとどまるものではなくなってきているのは、明らかで、


今やほぼすべてのブラック・ミュージックを、


プロデュースする位置を、占めています。



  


Posted by たーさん  at 18:54Comments(0)趣味