2011年07月03日

フュージョン




『チック・コリア』は、1960年代末に、


マイルス・デイヴィスのグループで、


未知の音楽を開拓し、その後、


新しい音楽 『フュージョン』 の


担い手になりました。



しかし、彼は、そこに留まることなく、


常にジャズに対して熱心で、


新たな冒険を繰り返す、


『若き音楽家』であり続けています。



同じカテゴリー(趣味)の記事画像
クァルテット
教育者
ソウル・テナー
ブルー・ボッサ
トロンボーン
THE 3 SOUNDS
同じカテゴリー(趣味)の記事
 クァルテット (2014-05-01 00:15)
 教育者 (2014-04-30 22:57)
 ソウル・テナー (2014-03-01 00:36)
 ブルー・ボッサ (2014-02-28 23:18)
 トロンボーン (2014-01-26 23:40)
 THE 3 SOUNDS (2013-12-23 23:41)

Posted by たーさん  at 19:00 │Comments(1)趣味

この記事へのコメント
同感。

久しぶりにチックコリア聞きます。

ありがとうございます。
Posted by cbr3737 at 2011年07月03日 19:04
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。