2009年01月11日

Take Five





『Take Five(テイク・ファイヴ)』 は、ジャズの楽曲としては、


相当なじみのある曲です。


これを、作ったのが『Paul Desmond(ポール・デスモンド)』です。



彼の『アルト・サックス』 は、『雨だれのような音色』で、


『波のようにうねる豊かな叙情性』と評されています。



ジャズのリズムの基本は、4拍子(フォビート)ですが、


これを逸脱した拍子、例えば3拍子のワルツ、5、7拍子などの、


奇数拍を、『変拍子ジャズ』 と言い慣わしています。



『テイク・ファイヴ』は、『変拍子ジャズ』の典型で、


しかも、最もヒットした楽曲です。






同じカテゴリー(趣味)の記事画像
クァルテット
教育者
ソウル・テナー
ブルー・ボッサ
トロンボーン
THE 3 SOUNDS
同じカテゴリー(趣味)の記事
 クァルテット (2014-05-01 00:15)
 教育者 (2014-04-30 22:57)
 ソウル・テナー (2014-03-01 00:36)
 ブルー・ボッサ (2014-02-28 23:18)
 トロンボーン (2014-01-26 23:40)
 THE 3 SOUNDS (2013-12-23 23:41)

Posted by たーさん  at 17:50 │Comments(0)趣味

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。