2013年06月09日

サックス奏者





JACKIE McLEAN(ジャッキー・マクリーン)は、


1960年代の、最先端で、最重要な、


アルト・サックス奏者でした。



彼は、「ポスト・チャーリー・パーカー」の、


最右翼として活躍をして、


多様化する1960年代の、


ジャズ・シーンをリードしました。



マクリーンのアルト・サックスの音色と演奏は、


時には、泣き叫ぶような演奏をみせたり、


またある時は、怒りをぶつけるような、


エキサイティングな演奏を披露しました。






同じカテゴリー(趣味)の記事画像
クァルテット
教育者
ソウル・テナー
ブルー・ボッサ
トロンボーン
THE 3 SOUNDS
同じカテゴリー(趣味)の記事
 クァルテット (2014-05-01 00:15)
 教育者 (2014-04-30 22:57)
 ソウル・テナー (2014-03-01 00:36)
 ブルー・ボッサ (2014-02-28 23:18)
 トロンボーン (2014-01-26 23:40)
 THE 3 SOUNDS (2013-12-23 23:41)

Posted by たーさん  at 23:15 │Comments(0)趣味

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。